スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりつくしま

とりつくしま


歌人、東直子さんの連作短編小説です。

この世になにかしらの未練をのこしたまま亡くなった人が行き着く【とりつくしま係】。
そこで、「なにか『もの』にとりつくことでもう一度この世に戻る事ができます。何にを「とりつくしま」にしますか」と聞かれるところから物語は始まります。

「とりつくしま」は人間はもちろん、植物など、命あるものは指定できないという決まり。

この物語では、さまざまな年齢の人達が、それぞれ側にいたいと思う人の近くの物を指定して、とりつき、見聞きする様子が描かれます。



これが、切ない

どれもこれも、切なくて、でも心に響くお話しばかりで。

一気に読んでしまうのが勿体なくて、寝る前に1篇ずつ、大事に読み進めました。

40代で亡くなったお母さんは息子を見守るためのとりつくしまを指定します。

まだ幼くして亡くなった男の子は公園のジャングルジムに。

中でも私が一番好きなのは、叶わない、叶えてはいけない想いを寄せていた書道の先生の扇子にとりつく【白檀】というお話。


全てを読んで、さて、自分ならなにを「とりつくしま」に選ぶか?と考えてみましたが・・・・・

難しいですね。
特にこの世に執着する物もないけれど、まぁ気がかりと言えば、娘の事か。
でも見ていたら口を出したくなるだろうし、モチロン出す事はできないし。
ならばいっその事さっさと成仏してしまいたいような・・・。


作者の東直子さんと穂村弘さんの対談と、作者が選んだとりつくしまアンケート選をコチラから読むことが出来ます。
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480804075/

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ♪
プロフィール

hiro♪

Author:hiro♪
ご訪問ありがとうございます。
好きなモノや面白いモノ、手作り作品や音楽活動などなど、書いています♪(最近は映画関係多し。)
趣味はいろいろありますが、現在ハマっているのはギター。万華鏡。手ぬぐい。シフォンケーキを焼くこと。
ケーキ関係の日記はケーキブログに更新中。よかったら見て行って下さい。
(リンク一覧の一番上にあります♪)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
QRコード
QR
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。